いろいろな方法で利用できる便利なデニム生地!デニム生地に関する雑学をご紹介

デニム生地は、ジーンズだけでなくカジュアルなバッグにも使われています。何より丈夫で耐久性があることがポイントです。デニム生地の雑学の一つは、洗い加工です。様々な技法があり独特の風合いを醸し出します。デニムジーンズの縫い目や金具なども、面白い雑学につながります。また、最近ではサスティナビリティの観点から、デニム産業が大きく変わろうとしています。再生繊維の研究や持続可能な製造過程の見直しが急ピッチで推進されているのです。

デニム生地に使用されている縦糸の種類

デニム生地自体は縦糸と横糸が右上から左下に綾目に織られるのが一般的であり、丈夫で耐久性があるのが特徴的です。その中でデニム生地を織るために使用される縦糸ですが、様々な種類が使用されています。縦に使用される糸自体は製造されるプロセスやデザインによって、種類と使い分けられている事が多いです。綿の繊維をより合わせて作られる紡績糸があり、糸自体がなめらかなだけでなく強靭になり生地が柔らかく風合いが生まれるのが特徴となります。繊維束を直接紡ぐ方法で作られるオープンエンド糸は、生産が迅速に行えるのが特徴です。糸自体に不規則な太さや筋があるスラブ糸は、よりデニムの生地に独特の風合いを生み出す事が出来ます。ファッションデニムやヴィンテージデニムに多く使用される糸になります。より伸縮性の優れた製品を作るため、弾性繊維を使用したストレッチ糸なども多く使用される傾向が高いです。デニム生地に伸縮性が生まれるので、より動きやすさを重視した製品にする事が出来ます。

綾織りという技術で作られているデニム生地

デニム生地はジーンズといった製品だけでなく、アパレルアイテムやシューズなど様々な製品製造に使われている生地になります。デニム生地自体は綾織りと呼ばれる技術で作られていますが、魅了として強度と耐久性の高さがあります。織り方自体が十字に糸を組み合わせているので、一般的に生地に比べると非常に丈夫で強度があるのが強みです。長持ちするだけでなく激しい環境であっても、使用するうえでしっかり耐える事が出来ます。織り方の特徴から斜めの織り方になるので、よりクラシックな見た目に仕上がっているのも特徴の1つです。カジュアルに日常的な使用だけでなくフォーマルなファッションアイテムとしても使用する事が出来ます。綾織り自体は染色を行うにも適しており、様々なカラーバリエーションにて染める事ができるのも特徴1つです。生地自体もさわり心地が良いので、ストレスのない着心地を楽しむ事も出来ます。織り方に特徴があるからこそ幅広く活用でき、多くの人に愛されている生地といえます。

ジーンズを作るために使いやすいデニム生地とは

ジーンズは、ファッション界で永遠の定番とされ、その耐久性とスタイルから世界中で愛されています。その中でジーンズを作るためには特定のタイプのデニム生地が必要です。使い易い生地とは、その特性に基づいて選ばれることが多いです。 まず使いやすい生地は耐久性が求められます。日常的に摩擦や洗濯にさらされるため強度があり、繊維がすぐに破れないことが重要です。通常綿100%で作られしっかりと織られています。これにより長持ちし、しっかりとしたフォームを保つことができます。 さらに柔軟性を備えていることも重要です。快適さが求められるため身体にフィットしやすく、動きやすいことが必要です。柔らかく伸縮性があるデニムは穿き心地が良く、日常の活動に適しています。 色も重要な要素の一つです。使いやすい生地は様々なスタイルに合わせやすい中間色やクラシックなブルーが多く使用されます。これによりカジュアルからフォーマルな場面まで幅広く活用できます。 スタイルと快適さを両立させるために、使い易いデニム生地が欠かせません。耐久性、柔軟性、色、重さ、ディテールなど、さまざまな要素が考慮され選ばれます。これらの要素が組み合わさったデニム生地は、高品質な製作に貢献し、長く愛用されるアイテムとして成立します。

知っていれば人に話せるデニム生地の語源

デニム生地は多くの製品が販売されており、ファッションアイテムの洋服だけでなう小物やシューズなど多く利用されているのが特徴です。実際にデニム生地は身近で親しみがありますが、なぜデニムと呼ばれるのが知らない人が殆どとなります。デニム生地と呼ばれる語源をしることで、多くの人に教える事にも繋がります。デニムの生地自体はフランスのニーム地方で作られたのが発祥です。そこからニーム地方の綾織物という意味でフランス語でセルジュ・ドゥ・ニームと呼ばれていましたが、ドゥ・ニームの部分が短く短縮されたデニムという言葉が広く知られるようになったのが語源となります。デニム自体は生地特有の丈夫さと耐久性が優れているという点で、アメリカで仕事着として愛用されるようになったのも特徴です。この頃にはデニムパンツと呼ばれ、労働者達に愛用されるだけでなくファッションアイテムとしての高い人気がありました。インディゴがもつ独特の色合いと風合いから、幅広く愛されている生地の1つです。

デニム生地の厚さを表すために使われる単位

デニム生地はさまざまな厚さのものが使われています。
こうした厚さを表すために使用されているのはオンスという単位です。
重さを表すために使われている単位で、重いものほど生地が厚くなります。
1オンスはおよそ28.3グラムの重さです。
ジーンズに使用されているデニム生地の中でも、比較的重量が軽いものはライトオンスと呼ばれています。
ライトオンスは重さが10オンスより少ないものです。
この種類の生地が使用されているものは、全体的な厚みも少ないので、履いた時に動きやすいことが特徴です。
夏用に履くことができるジーンズにも、こうした素材が使用されていることが多いです。
生地が薄いので、気温の高い時期にも快適に履くことができます。
ジーンズには、厚めのデニム生地が使用されていることもあります。
このような種類のデニム生地はヘビーオンスと呼ばれています。
ヘビーオンスは重さが15オンスより重い生地です。
この種類のものは生地に厚みがあるので、冬用のジーンズも作れます。

シューズを作るために使うこともできるデニム生地

デニム生地と聞くと洋服や小物としてアパレル製品をイメージしますが、シューズ自体も作られてるのが特徴の1つです。
実際に靴を製造する用のデニム生地ですが、スニーカーが作られています。
アッパーと呼ばれる甲部分に対し、デニムの生地を使用して製造されているのが特徴です。
生地自体がもつ耐久性だけでなく、独特の風合いが外観をぐっとオシャレに作られています。
生地自体にも通気性の高い物が使用されているタイプがあり、快適な履き心地を体感できる種類も多いです。
ブーツタイプとしてはアッパー部分だけでなくディテール部分にデニムを盛り込んでおり、スタイリッシュなデザインのブーツに仕上げられています。
摩擦具合や風合いによって同じブーツであっても、風合いやデザイン性の特徴があるのが強みです。
靴の種類にはフラットシューズの他に、サンダルといったデザインでもデニム生地は多く活用されています。
強度面で耐久性だけでなく、柔軟性がある生地なので靴を製造する上で好まれて使用されている素材の1つです。

デニム生地の横糸に染色がされていない理由

ファッションアイテムとして年齢や性別に関わらず、多くの人に人気がある種類にデニム生地があります。
季節に合わせた着回しができるだけでなく、動きやすさやファッション性の高さが魅力の1つです。
デニム生地自体の特徴の1つに、横糸には染色がされていないという点があげられます。
実際に横糸に対して色が染められていない理由として、デニムが持つ斜めな組織構造が関係しています。
斜めに組織構造を行い作り上げられる事で、ジーンズが持つ特有の耐久性と強度を生み出す事が可能です。
またファッションアイテムだけでなく仕事着で利用される事が多く、摩擦による色落ちが多く起こります。
あえて横糸を染めないことで、デニムがもつ独特の風合いを演出する事ができます。
あえて横糸に色がないあらこそ、ファッション性を高めており、ヴィンテージ感や利用する人の個性を演出できるのも強みです。
横糸に染色しない理由には、デニム生地が持つ独特の特性だけでなくファッション性も大きく関係しているといえます。

通常のデニム生地とカラーデニムの違うところ

通常のデニム生地は、主に青いインディゴカラーの糸を織り込んだ綿生地のことを指しています。
表面は深いインディゴカラーをしており、裏側は淡い色となっているのが一般的です。
ブルージーンズなどのアイテムに使われることが多く、使い込むほど色落ちして独特の風合いがあらわれます。
長く愛用するほど色があせていく、という点はデニム生地の魅力の一つだといえるでしょう。
色落ちが生じやすいことから、ユーズド感や個性的な表情を楽しむことができます。
カラーデニムは通常のデニムとは異なり、通常の青以外のカラーで染色された生地のことを指しています。
赤、黒、緑、白など、様々なカラーバリエーションが存在します。
色味のバリエーションが非常に豊富であり、より多様なスタイルを楽しめるのが魅力です。
カラーデニム生地には、通常のデニムよりも柔らかく伸縮性が高いものも多くあります。
洗濯による色落ちも通常のデニムほど生じにくいため、色合いを長く楽しむことが可能です。

日本国内でデニム生地を多く生産している地域

デニム生地自体は丈夫で耐久性が高いので、最初は仕事着として作られていましたが、最近ではファッションアイテムや小物など幅広く人気がある生地の1つです。
発祥自体はフランスですが、日本国内でも多く生産されています。
実際に日本国内でデニム生地を多く生産している地域ですが、三備産地と呼ばれる地域になります。
備前となる岡山県の児島の他に、備中となる岡山県の井原や倉敷と備後の広島県の福生です。
綿作自体が盛んに行われている地域であり、伝統的な絹織物でも有名な地域になります。
この地域では日本で販売されているデニム生地の約8割を生産しており、デニムに関する加工や製造を行う事業所が多くあるのも特徴の1つです。
他には福井県の若狭には品質の高いデニムを生産しており、奈良県の橿原にも橿原デニムと呼ばれる注目される生地を製造しています。
それぞれの地域では伝統的な技術だけでなく製造を行いながら、良質なデニム生地と製品の製造が行っているのが特徴です。

デニム生地の通販サイトに関する情報サイト
デニム生地に関する雑学

このサイトではいろいろな方法で利用できるデニム生地に関する雑学をご紹介します。デニムは、17世紀のフランスのニーム地方の丈夫な綿に起源があります。この地方の名前からデニムと呼ばれるようになりました。この生地は丈夫で耐久性があるので、労働者に重宝されました。特に作業服として人気を博し、後にアメリカではカジュアルファッションに欠かせないアイテムになりました。そのため、今でもいろいろな方法で活用されているのです。

Search